花菜ガーデン

e0044855_19551724.jpge0044855_1959795.jpg








平塚の花菜ガーデンに行ってきました。
平地の真ん中、もとは農業研究所だったところに作られた、
広大な平地に広がるガーデニングの施設です。
これが神奈川県立の施設というのはとてもすてきです。
(企業のフレンドシップを受けつつ、カレルチャペックをイメージキャラクターにしたり
工夫がたくさん。公立施設といえば、、といったイメージとは一線を画しています。)
展望台(っといってもささやかな高さの)からは園内を見渡せるとともに、富士山が正面に!
かすみがかかっているけど、真っ正面ってとても贅沢な気分でした。


さて、バラの轍のコーナーは、見てよし、歩いてよしで、とてもきもちいい!。ペレニアルの育種家 河合伸志さんが監修されたとのことで、バラの歴史をたどり、品種ごとの魅力を存分に感じられる設計もすばらしかったです。
e0044855_20442981.jpg


e0044855_20444550.jpg


890品種1100株のバラが植えられているバラ園とのことで、
新種のバラを親木の2本とともに植えてあったり、兄弟種をならべてあったりと随所にさりげない工夫があり
ちらと合流したツアーのスタッフの説明もとても興味深いものでした。

それに なによりバラの状態がよく、とても感心しました。
風がふきわたる土地柄が幸いしている点もあるのでしょうけど、スタッフのお仕事の成果なのでしょうね。
お天気も最高で、光り輝くバラの数々が撮影でき、ほんとうによかった!
いつもながら楽しい友人たちにも感謝感謝です!

e0044855_19244275.jpge0044855_19251889.jpg


e0044855_19304176.jpg

↑ファンタンラトゥール

e0044855_1930518.jpg

↑ヴィレッジメイド



e0044855_20123747.jpg
↑ローテマックスグラフ
e0044855_2024117.jpg
↑ケイコズドリーム 2001年河合桂子氏発見のチャイナ 小粒のCLです
e0044855_20284033.jpg
ここにはバイオレットを初め、左右から都合8本のパープル系の房咲きクライミングローズが。見比べられるようになっているのですね。

e0044855_20103829.jpg
↑レオナルドダビンチ

バラとクレマチスをからませあって育てているベット仕立てのコーナーがとてもよかったです!
e0044855_20113896.jpg
クレマチスカシス


e0044855_2071216.jpg
クレマチスダイアナ
e0044855_2092855.jpg


なんと、花菜ブログによると、心ないかたがバラ大事とクレマチスを根ごとひっこぬいてしまったことが多々あったそうです、、
花の仕立て、育て方はそれぞれ考えのあってのこと。
それは尊重しなくてはいけないですよね〜。(ましてガーデンを訪問しているのですからね)
by noasgarden | 2012-06-01 20:01 |  園芸スポットイベント | Comments(0)

12ケ月のお庭とごはん


by noasgarden