4月人生は偶然と必然で出来ている。

e0044855_01374850.jpg

e0044855_01325087.jpg


2016今年も勢い良くバラが咲きはじめました!
モッコウバラのお客様、いちばん美しいシーズンを一緒に迎えられてうれしい。








10年前の2月、たまたま朝日新聞記事をみつけました。
近所の駒場エミナースで開催される会合の告知記事で『バラの会が立上げ、設立準備会が開かれる』と。にわかに興味をもって、すぐに公開された連絡先に電話をし、参加を申し込みしました。

当日、会場に出向きホールの廊下で開会を待つ列では、集まった人たちはやや年長の方が多いようでした。知った人は誰もなく、所在なくぽつんとした気分でいたとき、おもわず寒くてくしゃみがでました。すると前に並んでいた赤いコートの女性が、『だいじょうぶ?』と声をかけてくれたのです。それで、ちょっとほっとしました。それから、入場して会議テーブルについた50名余りの人々と、駒場ばら園のお二人のご挨拶や会のいきさつなどを聞き、お茶とケーキをいただき、最後にはなぜか歌を唄い閉会。

正直、この日は会のことはまったくよくわからなかったのですが、これをきっかけに、駒場バラ会に所属し、手入れも育て方も勉強することができました。
新聞をみなければ、あるいは雪の日にでかけなければ、、知り合う事もなかった方々。新聞で拾った種は、大きく育つ良い種だったなあとつくづく思います。元来、面倒くさがりで、仕事以外はついつい予定を流してしまいがちな私なので、悪天候にも関わらず出かけたというのはたいしたものなのです。庭が持ちたくて今の家をみつけたのですが、たまたま玄関先にツルバラがあって、バラの手入れの仕方も覚えたい、園芸の仲間も欲しいなあという想いが引き当てたにちがいありません。


最初に口をきいた彼女は、バラ博士のような人で、その知識には到底ついていけませんでしたが、あっというまに仲良くなり、ありがたいことに、今では一生の友になりました。嬉しいこと、失敗したこと、可笑しいこと,めんどくさいことなど共有しながら、これからもどうか、みんな元気でおつきあいできますように。


のあちんの気配を探してしまうね、、と、言われて
大切にしていたことも可愛さも知ってくれてる人がいて、幸せだなと感じます。

e0044855_01322057.jpge0044855_01340669.jpg
by noasgarden | 2016-04-22 02:18 |  バラと庭の四季コラム | Comments(0)

イラストレーターのお庭&ごはんの12ケ月


by noasgarden