バラゾウムシ 特性と対策

e0044855_17025627.jpeg

バラゾウムシ。(クロケシツブチョッキリ)一番の天敵です!


バラの出来たばかりの柔らかいつぼみを食害、そこに卵をうみつけます。

つぼみに穴があいていたら、高確立でそのつぼみはしおれてぽとっとおちてしまいます。


4月下旬頃~11月頃にかけて発生しますが、枯れ落ちた芽やつぼみに産卵された卵がかえって地面で冬越しするようですので、
つぼみ以外にも新芽にもつきます。必ずちりちりになったりしおれたところは摘み取って処分します。
もちろんゾウムシをみつけたらテデトール!
(ぽとっと落っこちて逃げるので右手ではじいて左手でキャッチするがコツです)
また地面に、薬剤を巻いておく事も有効です。





by noasgarden | 2017-04-16 23:32 |  植物の病害虫 | Comments(0)

12ケ月のお庭とごはん


by noasgarden