すてきなあじさいアナベル 育て方

e0044855_16344048.jpeg
まだまだ明るくさわやかな季節です。
バラが終わるころから愉しみになってくるのが、毎年美しく咲くアナベルです。
毎年花が終わり、木質化する夏の終わりには地面の際からカットしてしまいますが、5月にはにょきにょきでてきて、
小さな数センチの花芽がついて、どんどん大きく白くそだって、20cmにもなるのです。
最後はドライになっていくまでその姿をじっくりと楽しめます。
長野の友人からわけてもらったこの株、ほんとうにありがたく思っています。
いままで順調に育っていますが、普通のあじさいとはちがう、アナベルのことを
すこし追加で勉強して、今年の秋は株分けや挿し木も試してみたいと思っています。
e0044855_16350346.jpeg

アナベル  アメリカノリノキ の栽培品種
アメリカノリノキ、アナベル Smooth hydrangea
(Hydrangea arborescens 'Anaabelle')アジサイ科・アジサイ属 アメリカ原産
花期6月~8月 白、淡ライムグリーン色 耐寒性、耐暑性/強い 樹高/0.8~1.5m


育て方
生育旺盛な植物で樹高は1m程度、地際から枝が多数出てくる。
日当り良好な場所、水はけのよい肥沃な土壌を好む。しかし日陰にも強く、幅広い条件で育ちやすい。
水やりは雨があれば十分、乾燥しすぎたら与える。
1月~2月に寒肥を与え、4月頃から芽が上がってきたら肥料をやめる。アナベルの花芽は4月以降に作られる。
樹形を整えるための剪定は、花の直後に行い開花後の7月~8月にお礼肥として、
油かすや固形肥料を株元に置くか、土に混ぜ込む。
11~12月の落葉後、枝(木質化している)を地際から刈り取ること。地際から2~3芽くらい残して、
しっかりした芽の上で剪定する。

株分け
秋に株を観察し、適当などこころで適宜スコップ等で切り堀りあげ、植え付ける
地下で繋がった根はカットして大丈夫。地面からわずかに軸が出ている状態で冬越しさせる、おおむね翌年から花が咲く。

挿し木
アナベルは挿し木でも簡単につく。秋にしっかりした枝を選んで20cmくらいに切り分け、上下を間違えないように挿す
11~12月に刈り取った枝は、水揚げしてから挿し木します。挿し穂は2節を使用し、下の節から発根させ上の節から発芽させます。(節と節の中間は発根し難い)。
用土はとくにこだわりませんが、(赤玉小9:バーミキュライト1)などが良いでしょう。100%発芽発根し2ヶ月ごには定植できます。太めの軸穂には初年度から花がつきます。
普通のアジサイのように若枝で6~7月に挿し木すると腐りが来て、発根は非常に困難。



by noasgarden | 2017-06-09 15:47 |  さまざまな植物 | Comments(0)

12ケ月のお庭とごはん


by noasgarden