大好きな窓

e0044855_2315361.jpg
e0044855_2324452.jpgたくさんのアクセスありがとうございます!

photo. Hayashi Hioshi /tx. Rie Ishikawa
もとは縁側だった場所を増築し、スカイサイド窓を設けました。 窓辺に並ぶのは、旅行先から持ち帰ったという南仏の土器。

________________________________


キッチンに面したスカイサイドライトをご紹介します。
この家を設計する時には光と空気の取り入れ方を、よく考えて、いくつかのチャレンジをしました。
窓がいくら大きくても1階だと採光の量や方向性には限界があります。そこでここには、昔から大好きだった、光の降り注ぐフィックス窓、スカイサイドライトを取り入れることにしました。


e0044855_2355780.jpg

昔縁側だったところなので、天井と壁の境目には縁桁(えんげた)といわれる木材が使われています。これは縁側の軒垂木を受ける桁材で7mを超える一本丸太が使われているのです。
もともとの持ち味の中に価値を見つけるのもリノベーションの醍醐味です。これは我が家のリビング空間に特別な趣を添えてくれてくれる自慢の一つなのですヨ。




窓框に雑貨を飾りたいというのも もともとのイメージの一つでした。ここには大から小へのリズムになるように、フランスのお花屋さんやのみの市で見つけてきた陶器などが並んでいます。写っていないけど、ひとつだけ盛岡三厳堂のアラレ鉄瓶が混じっています。アイアンの品は違和感なくなじみますね。(そうそう、和風の鉄瓶は今フランスでは大流行なのですヨ)日射しをやわらげるための麻ローンのカーテンをしています。
e0044855_2326214.jpg

以上で記事のご紹介は終わりです。おつきあいありがとうございました。思えばこのブログもお庭の写真は一杯ありますが、家の中はまだわずか。ちょこっとしたコーナーやまたいつか設計図などもご覧にいれたいです。ほんとうに楽しい家作りでした^^。
          ○Merci! blog ranking********●Merci! illustrator blog
by noasgarden | 2008-07-29 12:46 |  家作りとインテリア | Comments(0)

12ケ月のお庭とごはん


by noasgarden