シンプルなローストチキン

2018年のイブは小さい鶏をパリッとやきました。
二人で食べるのには十分な小ぶりの鶏を買ってきました。
脚も縛ったりせず塩とハーブをした玉ねぎを詰め込んだだけのローストチキン。
付け合わせはタコのマリネ他どっさり野菜。毎度二人には多めのおうちごはんです^^;。

チキンは玉ねぎをつめるとすごくジューシーにふっくら焼きあがります。
もりもり食べ食後は鶏肉をしっかりそいで身を取り尽くし、乱れた骨はその晩のうちに骨をお鍋に入れ、玉ねぎやニンジンのはしっこ、ショウガ等入れ水煮にしておきます。沸騰したらアクはのぞき金色の脂は残して、フォンドヴォライユをつくります。翌日はチキンベースの美味しいカレーやスープにできますよ^^!
e0044855_01145383.jpg

玉ねぎ大1 にんにくひとかけら
スパイス、クミンパウダー、オレガノ 
塩合わせて小さじ1
付け合わせ、ジャガイモ、パプリカ、玉ねぎ

6つわりにした玉ねぎにスパイスソルト1/3ふりかけお腹に詰める
つめ口は太めの楊枝でしっかりとじる。
鶏全体ににんにくをこすりつけ、残りの塩をしっかり刷り込み、天板に野菜などと肉を並べる。
今回は、200度のオーブンで30分 グリルで20分焼きました。
オーブンの出力により、こげるようなら途中でホイルを。
e0044855_01145557.jpg


ケーキはホールを諦めてプチフール。近所の淡島パティスリー・アグレアブルのカシスとショコラです。
甘さはやや強めだけど、台とムースなどの素材合わせがよく、すごく美味しかったです。
e0044855_01254081.jpg
e0044855_01253398.jpg


by noasgarden | 2018-12-26 01:26 |  私の洋風の料理 | Comments(0)

リビングガーデンとおもてなしを楽しんでいます。


by noasgarden